FC2ブログ

妻はエリート、夫は元ヒモ。。。

家庭内格差の解消、投資、及び筋トレ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私の財産告白

本多静六博士は、極貧の中から身を起こして、東大最初の林学博士になった人である。東大教授として広く活躍したが、全国の国立公園や日比谷公園など、本多博士の力によるものが多いです。

「平凡こそ人生の宝」

一番大切なことを見失っていませんか?世の中はままならぬものである。このままならぬ世で、これをままにするただ一つの秘法とはなんだろうか。この世の中を、ままならぬまま、在るがままに観じて、避けず、恐れず、自らの努力を、これに適応させていくことであると本多博士言っておられます。

また、こうもいっておられます。

私の体験によれば、人生の最大幸福はその職業の道楽化にある。富も名誉も美衣美食も、職業道楽の愉快さには遠く及ばない。・・・かの名人と仰がれる画家、彫刻家、音楽家、文士などが、その職業を苦労としないで、楽しみに道楽にやっているのと同様に、すべての人がおのおの職業をその仕事を道楽にするということである。

幸福とはまず人生すなわち努力(学び働く事)、努力即幸福と悟って、早くより働学併進その職業(あらゆる仕事)を道楽化し、面白く愉快に、いよいよ死ぬまで働き続け学び通す事である。しかもその職業の目的が自分個人のためよりは他のため人類のためである場合が最大最高かつ永遠の幸福である。

博士は、職業を道楽とし、さらにそこで貯まった「かす」を世のため人のために使って精神的享楽にふける。実際に博士はそういう人生を送り、それこそ真の幸福だと実感したのだと思います。



私の財産告白私の財産告白
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る




人生計画の立て方人生計画の立て方
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る




本多静六自伝 体験八十五年本多静六自伝 体験八十五年
(2006/01/31)
本多 静六

商品詳細を見る




私の生活流儀私の生活流儀
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2009/01/01(木) 13:52:43|
  2. 書評_哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。